正しいダイエットでスリムな体を目指しましょう

女性

食事の管理

脚

キチンと食べて痩せる

ダイエットを初めてする方がやってしまいがちな食事のコントロールとして、食べる量を減らすというものがあります。例えば、朝食と昼食を抜いて、晩ごはんもサラダなど低カロリーなものばかりで抑えるというものですが、この方法は、一時的に体重が減少したように見えても、健康にも悪いですし、何よりも辛くて続けることが出来ません。食事でダイエットをするなら、キチンと3食、それもバランスよく食事を摂るのが一番です。もちろん、ダイエットをする以上、ある程度食事のメニューは考えなければいけませんが、量を減らすより、肉体的にも精神的にも楽になるでしょう。

バランスの良い食事

バランスの良い食事とは何を意識すればいいでしょうか。人間誰しも好き嫌いというものがあります。なんでも食べられる人はいいですが、生野菜は嫌い、魚は食べたくない、肉はいらない、という風に、好き嫌いで食べるメニューを制限していくと、かなり偏った物になりがちです。また、カロリーが高いからと脂肪や炭水化物を極端に減らすのも、バランスを崩す原因です。ダイエットに最適なバランスの良い食事とは、タンパク質、脂質、糖分、そして食物繊維や各種のビタミン、ミネラルが適度に摂取できるものです。一見すると難しいものですが、私達が普段食べているものでも、メニューをキチンと考えるだけで、このバランスを整えることが出来ます。ご飯に主菜(お肉やお魚)、副菜(野菜)、汁物という風にすると、かなり改善されます。食事にデザートが欠かせないという方は、果物を取り入れて見るのもいいでしょう。果物はビタミンやミネラル分、そして食物繊維が豊富なのでダイエットにもおすすめです。ただし、果物は意外とカロリーが高いので、適量にしておきましょう。

タンパク質を取る

ダイエットに入ると、お肉を食べなくなる方がいます。確かにお肉の使われる料理はカロリーが高めに見えますし、避けたくなる気持ちも分かります。しかし、ダイエット中だからこそ、お肉はしっかり食べる必要があります。何故かと言うと、お肉に含まれるタンパク質が不足すると、様々な問題が起きるからです。私達の身体を形作っているのもタンパク質です。体の中で使われる酵素などもタンパク質を元にして作られています。筋肉もタンパク質です、ダイエットのためにタンパク質の摂取量が減ると、体の中にあるタンパク質の量が減ってしまい、筋肉の量が減ってしまいますので、筋力が低下したり、免疫力の低下や酵素のバランスが悪くなります。また、女性としては無視できないお肌のトラブルも増えてきます。どうしても、ダイエットのためにお肉を食べたくないという方は、お豆腐やお魚、それに脂身の少ないロースや鳥のササミなどを食べるのがいいでしょう。お肉には各種のビタミンも含まれていますから、適度に摂取する分には、ダイエットを助ける働きもあります。

脂質も大切です

ダイエットの邪魔者と思われがちな脂質。確かにお腹や二の腕の気になる脂肪も当然脂質なのですが、全く食事で脂肪を取らないというのは、栄養のバランスが崩れてしまいます。適度な脂肪は体温保持に役立っていますし、各種の細胞の壁やホルモン、脳の神経も脂質で構成されています。だから脂質が全く摂取されない状態が続くと、大変身体によくないと言われています。お肌があれたり、便秘がちになるとも言われていて、女性は特に月経不順や疲れやすくなるというのもその理由です。ただ、現代人はどちらかと言うと脂質を摂り過ぎていると言われています。コンビニのお弁当には必ずと言っていいほど揚げ物が入っていますし、カップラーメンも麺を油で上げているものが多いです。チョコレートやファーストフードも、大量の脂質の摂取元になります。出来れば1日の脂質の摂取量は、総カロリー摂取量の2割程度に抑えられるようにしておくことが望ましいとされています。